若山牧水 歌碑:伊豆文学散歩
伊豆文学散歩
若山牧水 歌碑

若山牧水 歌碑

牧水自身が「梅の咲始めを見ることができるから」通っていると書き、作品にも梅を詠ったものが多くあるが、これは珍しく初夏の来遊の折に詠んだものである。土肥館の書画帳に見られる歌である。大正14年5月7日の作。喜志子夫人の同時期の作が土肥館前庭に歌碑として建てられている。

碑文

花のころに来馴れてよしと思へりし 土肥に来て見つ その梅の実を

所在地:伊豆市土肥 松原公園