与謝野鉄幹 歌碑:伊豆文学散歩
伊豆文学散歩
与謝野鉄幹 歌碑

与謝野鉄幹 歌碑

1932年、大瀬崎のビャクシン樹林は国の天然記念物に指定された。その翌年、大瀬崎を訪れた与謝野鉄幹がその景観に感動して詠んだ歌である。与謝野鉄幹・晶子のふたりは1922年に畑毛温泉から韮山、古奈温泉を経て伊豆西海岸を訪れて以来、しばしばこの地へ吟行して多くの歌を残した。

碑文

船を捨て 異国の磯のここちして 大樹の栢の 陰を踏むかな

所在地:沼津市西浦江梨 大瀬崎